ペパミンの雑記ブログ

ダイエットブログもはじめましたhttp://papamin-diet.hatenablog.com/

株の本

ども、先ほどの記事通り

今日は映画DAYだったのですが、株の勉強のために本も読みました!

 

「臆病者のための株入門」

半年前くらいに株やろーって思って、ネットでいろんなサイト回ってて

オススメされてた本なんですよね

んで買って放置されてて半年振りに開きました笑

 

臆病者のための株入門 (文春新書)

臆病者のための株入門 (文春新書)

 

 

 

内容を簡単に紹介しますね。

第1章~8章で構成されていて

1~3章で20億円稼いだジェイコム男、ホリエモン、著者のデイトレード体験での

投資の恐ろしさだったり、怖い一面が綴られています。

4章以降は普通に稼いでいくやり方が紹介されています。

 

著者は株は「ギャンブル」だと規定しています。

私もこの考え方には大いに賛成ですね。

私の感覚だと麻雀みたいな感じって思ってます。

運の要素があるけれど実力(守り方、攻め方、定石)があると長期的に見て勝てるものなのかなーって思っています。

株の場合は実力が、資産の多さや情報力であるわけですね。

 

この本は株の入門書ということですが、マニュアル本として初心者が購入すべき本ではないかと思います。

基本的には筆者は株をすることをオススメしてはいません。どうしてもやるならインデックスに長期投資しなさいとのことです。

ただ、これから株を始めようとしている私にとって、投資セミナーの営業であったり、ファンドであったり、金融リテラシーを高める必要性を痛感しました。

この本では、マーケットの中には投資家をはめる罠が多く存在していて、金融リテラシーを高めないと損をする羽目になるよということをさまざまな事例で紹介しています。

株で一発当てる!と意気込むのでは無く、儲けるためには冷静でいることを説いている本であり、株式を始める心構えがわかり、株を始める前に読んでよかったと私は思います。

 

まぁ、ほかに買った本も読んでみて少しづつ知識つけていきます~

口座開かなきゃ!!

ちなみにFXは審査通って開けそうです~

広告を非表示にする